ゲッカヨとは?

ゲッカヨとは1979年創刊の楽譜雑誌「月刊歌謡曲」のことで、 のちに正式名称も「ゲッカヨ(Gekkayo)」となった雑誌のことである。ギターを弾こうとしてFコードが押さえられなくてくじけがちな中高生初心者 あたりを中核読者層として長年発行されてきたが2013年末に休刊(廃刊)。

現在は編集長と副編集長(夫婦)のみの、めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」 として活動。「ゲッカヨ・オンライン(月刊歌謡曲●電子版)」を運営。

【ゲッカヨの歴史】

79soukan

創刊は1979年。大半はブティック社より発行。
当時は「歌謡曲」全盛時代だったがゆえにこの誌名に。

しかし90年代頃には「歌謡曲」というジャンル自体が縮小、 若い世代に向けた音楽は「J-POP」と呼ばれるように。
90年代とともに、現編集長の清水りょういちが参加。 くしくもその時代はカラオケBOX黎明期。大半がコンテナを 利用して作られていたカラオケBOXを、積極的に取り上げる。

199407199604199809199404

そしてJ-POP中心の誌面にリニューアル。それが大当たりして 爆発的に売れ、そのおかげで清水りょういちは編集長に。
当時は邪道と呼ばれたつんく率いるシャ乱Qや THE YELLOW MONKEY、小室哲哉の手掛けたtrf(TRF)などを いち早く取り上げると同時に、中西圭三やGAOなどのロック雑誌では扱いにくい ポップスジャンルを中心に誌面を構成。

200304199906199907
またイラスト関連でも読者ページ「ふりー・とーきんぐ」にて アーティストネタのイラストや4コマを積極的に掲載、 最盛期は読者ページだけで10ページをこえるボリュームを実現し、 一冊まるごと読者の投稿イラストという「らくがきKING」も刊行。

19991094129504

当時流行していたのはCHAGE&ASKAや浅倉大介のユニット・access。 さらにビーイング系と呼ばれるB’z、WANDS、ZARDの楽曲なども 先陣を切って掲載していた。

9506 9509 9608

2000年代に入るとヒップホップやテクノなどのジャンルも 掲載するようになり、m.c.A・Tなどをいち早く取り上げる。 後年はそこからさらにヴィジュアル系雑誌としての側面も見せ、 Dir en grey(当時)やPENICILLIN、Gacktが表紙を飾り始める。

9705 9706 9709

他にもアニメソングが人気を博す中、史上初のボーカロイド曲楽譜掲載も実現。JASRAC登録されていない同人曲掲載も、その権利保持者であるボカロP個人に直接許諾を得ることで掲載、好評を得た。

9801 9804 9806

別冊として「ボーカロイド名曲100選」「Gekkayoボーカロイドfan」(ブティック社)などのボカロ曲雑誌も刊行した。また、それまで存在しなかったボーカロイド曲のバンドスコア集「ボカロ★バンドスコア」(シンコー・ミュージック)も刊行し、並みいるJ-POP勢を抑えて、一時期バンドスコア売上で1位を記録した。
それと同時に今では大人気のゴールデンボンバーも初表紙で登場させるなど、ヒットの兆しがあるものを果敢に取り上げてきた。

Vocaloidfan01 vocaloidMeikyoku100

だが音楽シーンのヒットソング不足はいよいよ本格化し、2011年をもってブティック社から発売されていた「ゲッカヨ(月刊歌謡曲)」は休刊となる。

しかし翌2012年、出版元をシンコー・ミュージックに変え、間を空けずに「Gekkayo Vol.1」として復刊。継続して刊行を試みるが、またしても2013年に「Vol.5」まで刊行したところで、再び先の刊行が未定になった。

Chord10BEST Hyosi_BestHit2013H1

Vol.4刊行時点で、編集部機能を持っていた有限会社ゲッカヨ・エンタテインメントも解散、消滅。現在は編集長と妻である副編集長の二人体制でめおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」として「ベストヒット大全集2013年版」、特集主義に装いを変えたシリーズムック「別冊ゲッカヨ」シリーズを刊行。

201305MiwakunoVkeiH1 HYOSI_VocaloBScoreEX

HYPSHI_Gekkayo5

しかしこの「ゲッカヨ Vol.5」(2013年末発行)をもって、残念ながら休刊(廃刊)。
34年の歴史についに幕が閉じた。

Hyosi_JPOPsakusi

 

一応それまでの編集業務で得た作詞に関する知識をまとめた
編集長による著書「J-POP作詞術のウラ技☆オモテ技」(シンコー・ミュージック)
も同時期に出版。

以降、出版企画はあまり通らなくなり、いろいろ考えた末、Webメディアとして再開を決意。「ゲッカヨ・オンライン〜月刊歌謡曲●電子版」として再出発。

 

2016年4月11日、東京・新高円寺に移転しました。

(夫)





配信中の楽譜を検索

ページ上部へ戻る