情熱夥しいTHE BLACK SWANが歌う、目をそらしたくなるリアルな本質!

THE BLACK SWAN●ライブレポート
2nd ANNIVERSARY ONEMAN LIVE「OUSIA」at 渋谷TSUTAYA O-WEST

「本質を見てください!」

Voの儿の魂の言葉が響き渡った2016年6月3日の東京・渋谷 TSUTAYAO-WEST。THE BLACK SWANの結成から2年を記念するワンマンライブは冒頭よりものすごい音圧で攻め立ててきた。

最新アルバム「OUSIA」としてまとまった楽曲の数々がリリックビデオにまとめられ、そのダークな映像に危険な歌詞が次々と散りばめられる。映像のみでも見応えがあるが、その下で生演奏を繰り広げるから、場内はリアルな虚構=悪夢のようにTHE BLACK SWANの世界に包み込まれる。シャウトスタイルの儿の言葉は、厚みのある2本のディストーション・ギターとともに混じり合い、そのままでは聞き取りづらい部分もあるが、この仕組みのせいで一つ一つの言葉の細かいニュアンスまでが迫ってくる。

とはいえ、決して整理整頓された言葉ではない。感情が重すぎて言葉にできないのか、堂々巡りのように繰り返されるフレーズもあるし、何を言っているのか判別し難い部分もある。だが絶叫というよりも慟哭のような歌声がその隙間を埋め尽くして伝えてくる。あの手この手を駆使して伝えずにいられない思いがそこには満ち溢れていた。

MCも挟まず一気に駆け抜けたメインステージが終了し、いつ終わるともしれないSEが余韻を響かせた後、再びステージに戻ってきた5人。その激しさは疲れをまったく感じさせないのに驚く。こうしたフィジカルなタフさもまた重いテーマをひたすらに描き続けるためには必要なのだと改めて思う。

DSC_1071

バンドにとって、注目を浴びるようになってくるのは良くても、不本意に受け取られる部分もある。その痛みもまた抱えながらも、本質を描くために体力の限りを振り絞る。冒頭の言葉とともに、感極まって涙を見せる人間的な部分もまた、彼らの本気ぶりをしっかりと目撃できたようでうれしかった。

ともすれば暴力、レイプ、殺戮などの血まみれの蛮行をテーマにすることもまたキワモノのそしりを受けやすいのかもしれない。しかし耳に心地よい音楽だけが音楽ではないし、痛いところを突かれて自己の内部の闇の部分をえぐり出されるのもまた音楽なはずだ。どんなに美しく着飾って、スマートなふりをしていても人間の中には照らしきれない闇がある。リアルは人間の心にちっとも優しくない。

THE BLACK SWANは荒削りな音楽性かもしれないが、きれいごとじゃないからこそ伝わってくるものがある。だから自分が清廉潔白であると深く考えずに思っている人ならば、彼らの音楽にショックを受けるだろう。自己の闇に薄々感づいている人ならば、血塗られているのに安堵を感じてしまうだろう。

今後もどんどん醜い人間性をえぐり出してTHE BLACK SWANには突き進んでもらいたいと思った。迂闊なことで洗練されて、漂白されてしまわないように、いつまでも黒いままで…。

theblackswan_main

プロフィール●(写真左より)樹(G/イツキ)、煉(Dr/レン)、RENA(B/ レナ)、儿(V0/ジン)、誠(G/マコト)による5人組ヴィジュアル系ロックバンド。2014年結成。人間の闇の部分をリアルに引きずり出して激しく表現している。

公式サイト

【リリース情報】
1st フル・アルバム「OUSIA」(読み方:ウーシア/寺子屋)発売中!

OUSIA_A
TYPE-A(税込3,700円)

 

OUSIA_B
TYPE-B(税込3,000円)

 

NEXT SCENE…

【ライブ情報】

2MAN BATTLE CITY「山手心中」

9.03(SAT)渋谷DESEO VS More

9.04(SUN)渋谷DESEO VS 怪人二十面奏

9.10(SAT)恵比寿aim VS umbrella

9.11(SUN)恵比寿aim VS 黒百合と影

9.17(SAT)池袋Black Hole VS シビレバシル

9.18(SUN)池袋Black Hole VS Sel’m

9.24(SAT)新宿Zirco Tokyo VS HOLLOWGRAM

9.25(SUN)新宿Zirco Tokyo VS Far East Dizain

10.02(SUN)高田馬場CLUB PHASE VS STEREO.C.K

 

2016.10.19(WED) 4th SINGLE RELEASE 「PERSONA」

2016.11.25(FRI) 5th ONEMAN LIVE 渋谷TSUTAYA O-WEST

 

関連記事

配信中の楽譜を検索

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る