YOHAN〜妖しげでアートな魅力のブラジル生まれ/東京育ち

ファッション・アイコンとしての魅力もほとばしる妖しげなルックスの持ち主で、グルーヴィーなダンスミュージックをクリエイトするブラジル生まれ・東京育ちの個性派シンガーがYOHAN(ヨハン)。
実際にイヴ・サンローランのショー・モデルになり、ジミー チュウ ジャパンのヴィジュアル・マーチャンダイザーディレクターなどファッション業界で活躍した後乗り込んだのが音楽の道で、
今回のVirgins in Townからのシングル「#PopLife」の世界リリースでデビューとなる(ファーストEPは同名タイトルで来年リリース予定)。

今年9月には「ブロックジャポン」15周年のイベントに登場、見事なライブパーフォマンスを繰り広げ、670人余りのゲストを盛り上げたYOHAN。アートな匂いがプンプンする彼、妖しくて危険な雰囲気の音楽が好きな人は要注目!

yohan01

「#PopLife」は、iTunes, Apple Music, Google Play, Tidal, Spotify他で配信中。

yohanJ

プロフィール●ブラジル生まれ、東京育ちの歌手/作曲家。7歳で家族と日本に移住し、日本の小学校に5年通った後、12歳で帰郷。2006年、16歳で東京のトップエージェンシーと契約しファッション界に進出。Huge等のファッション誌や、Yves Saint Laurent等のショーでモデル活動をし、クリエイティブの世界へ。2011年、ジミー チュウ ジャパンのヴィジュアル・マーチャンダイザーディレクターに抜擢。ファッション界での7年の経験の後、再度東京に戻り、長年の夢であったミュージシャンへの道、国際的なポップスターへの新たな旅立ちを決意する。現在、シンガーソングライター、そして、マルチメディアアーティストとして、音楽、アート、ファッションとテクノロジーを駆使したパフォーマンスとライブショーで、パワフルでユニークなエンターテーナーとして音楽業界で活躍中。グラミー賞受賞アーティストを手掛ける敏腕プロデューサー、ブライアン・フォーブスによるデビューEP「#PopLife」をニューヨークでレコーディングした。

【YOHAN公式サイト】

【YOHAN公式インスタグラム】

【Virgins in Town公式Facebook】

【Virgins in Town公式インスタグラム】

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

配信中の楽譜を検索

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る