【追悼】大内義昭・J-POPデュエットの金字塔「愛が生まれた日」を生んだ作曲家【関連楽譜配信】

大人の男女、だけど演歌じゃないポップス・デュエットナンバーの金字塔「愛が生まれた日」

今年の5月に大内義昭さんが亡くなった。
ピンと来ない人もいるかもしれないが、1980年代後半から90年代にかけて大活躍したシンガー・小比類巻かほるを楽曲提供によってスターダムに押し上げ、女優・藤谷美和子を迎えて放った1994年の『愛が生まれた日』で数少ないポップス系男女デュエットでのビッグ・ヒットを生み出した作曲家/ミュージシャンである。

音楽プロデューサーの大内義昭さん(おおうち・よしあき)が5月22日、食道がんのため北九州市の病院で死去した。55歳。葬儀は近親者のみで営むという。NHKなどが報じた。大内さんは、福岡県北九州市八幡西区出身。作曲家として1987年に手掛けた小比類巻かほるさんの「HOLD ON ME」が大ヒット。その後、中森明菜さんや光GENJIなど多くのアーティストに楽曲を提供。歌手としても1994年の藤谷美和子さんとのデュエット「愛が生まれた日」がミリオンセラーとなり、NHKの紅白歌合戦にも出場した。
情報源: 大内義昭さん死去、音楽プロデューサー 「愛が生まれた日」が大ヒット

男女デュエットと言えば古くはギンコイこと石原裕次郎 & 牧村旬子『銀座の恋の物語』などのムード歌謡/演歌の領域。ポップスシーンでもそれなりにリリースはされたものの、歴史上では国民的ヒットとなった男女デュエット曲は少なかった。
カラオケの現場などでは男女がコミュニケーションを取るのに非常に適しているデュエット曲なのだけれど、若い世代には歌う曲がほとんど無かった。
あえて言うなら石川優子とチャゲ『ふたりの愛ランド』鈴木聖美 with ラッツ&スター『ロンリー・チャップリン』鈴木雅之&菊池桃子『渋谷で5時』、変則的ながら男女ツインヴォーカルだったバービー・ボーイズの一連の楽曲くらいだったのだ。

そんな中1992年に中山美穂 & WANDS 「世界中の誰よりきっと」が大ヒットすることによってポップスでのデュエットもアリということになり、その中で生まれたのが1994年の藤谷美和子&大内義昭『愛が生まれた日』である。J-POPシーンではこの付近でNOA『今を抱きしめて』などポップスデュエットナンバーが数々生まれていく。しかしこの曲を境にきっちりと男女パートが分かれて歌うポップス・デュエットでビッグヒットが出ることは少なくなった。

そもそもデュオとしてのカズン『冬のファンタジー』を除けば、2009年に加藤ミリヤ×清水翔太『Love Forever』が生まれるまでは男女でのポップスデュエットでの大きなヒットが生まれなくなってしまったのである。

そんな歴史上のポップスデュエットを作り上げた大内義昭。その功績は偉大だ。他にも彼の作品をゲッカヨで楽譜にしていたので、楽譜配信することにした。彼のポップスクリエイターとしての魅力をじっくり感じながら歌って、弾いて貰えたらうれしい。

 

大内義昭作品紹介【楽譜配信情報付】

藤谷美和子&大内義昭/愛が生まれた日(1994年)

♥1994年2月21日発売のシングルで、日本テレビ系ドラマ「そのうち結婚する君へ」挿入歌。青春ドラマ中心にコミカルな演技で大活躍だった藤谷美和子。明るく破天荒だけどどこか淋しさをまとった唯一無二の強いキャラクターだった彼女が、大人の女優として成長して日本テレビ系ドラマ「そのうち結婚する君へ」に主演。その挿入歌としてリリースされた藤谷によるマジ歌は当時、意外性十分だった。

DLlogo

class/心のDistance(1993年)

♠ミリオンヒット『夏の日の1993』で知られる男性デュオのclassが、1993年11月にリリースした2ndミニアルバム収録したファン人気の高かった遠距離恋愛ナンバー。

DLlogo

小比類巻かほる/Hold On Me(1987年)

♠1980年代後半に、R&Bフィーリングの抜群の歌唱力でシーンに登場した実力派ヴォーカリスト・小比類巻かほる(こひるいまき・かほる)。Kohhy(コヒー)の愛称で親しまれた彼女を一躍スターダムにのし上げたのが日本テレビ系ドラマ『結婚物語』(主演・陣内孝則)主題歌の『Hold On Me』でした。この曲をはじめ、Kohhyが人気を確立するために楽曲的に大いに貢献したのが大内義昭だったのです。

♥大内さんに加え、麻生圭子さん作詞、土屋昌巳さん編曲という豪華作家陣の作品に抜群の歌唱力のKohhyが命を注ぎ込むかっこいいナンバー。リズムにノッて音のアタックがバッチリ決まってる!

DLlogo

小比類巻かほる/City Hunter〜愛よ消えないで〜(1987年)

♠『Hold On Me』に続いてリリースされた5thシングルで、読売テレビ系アニメ『シティーハンター』オープニングテーマとしてロングヒットに。

DLlogo

 

小比類巻かほる/COME ON(1987年)

DLlogo※バンドスコア

小比類巻かほる/TOGETHER(1988年)

♥TDKオーディオテープのCMソングでも使われていたこの曲。このCMは鮮烈でした。当時はこの都会っぽさに、ボーイッシュだけど色っぽいヴィジュアルと歌唱にクラクラしてしまったわたくし副編は、何度もこの歌と歌世界に憧れ、練習しまくったものでした。そしてつい数年前、憧れのKohhyさんにインタビューできたことも良い思い出です。

DLlogo

松田樹利亜/負けないBroken Heart(1994年)

♠美少女だけど実力派ヴォーカリストとして1990年代に活躍した松田樹利亜(まつだ・じゅりあ)。そんな彼女の代表曲を書いたのも大内義昭でした。

DLlogo

森川美穂/PRIDE(1987年)

♠ミノルタカメラ「マックデュアル」CM曲としてスマッシュヒット。当時は学園祭の女王と呼ばれてました。

♥森川美穂さんと言ったら当時、ヤマハ音楽振興会所属のアイドル性もある新人アーティストが現れたイメージ。

 

DLlogo

 

大内義昭/シティ神戸(1995年)

♠本人名義でリリースされたナンバーで代表曲の一つ。

DLlogo

■大内義昭公式サイト

※♠……編集長コメント ♥……副編集長コメント

 

この記事の著者

編集長(夫)

「ゲッカヨ・オンライン~月刊歌謡曲●電子版」編集長。元・音楽雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」編集長。現在はエンタメ〜商品レビュー、政治経済まで扱うライター業がメイン。「おためし新商品ナビ」編集も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

配信中の楽譜を検索

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る