ヴィジュアル系でありながらアコースティック!? 異端で異能の個性派バンド・LIPHLICHのライブを拝見!

カルトで退廃的な世界観を抜群の演奏力と歌唱力で構築する異能のヴィジュアル系バンドがLIPHLICH(リフリッチ)。ただヴォーカリストで作詞・作曲・編曲をこなす異端の才能・久我新悟(くが・しんご)が中心になって生み出すアングラ演劇要素の混じりあう奇妙な世界観は、V系の枠組に収まりきるものかと思えば、そうでもない。何というか、他に置き場所が無くてそのジャンルに暫定的に据えられているような、そんな落ち着かなさを感じさせる。

そして3月25日にリリースされたのが、何とアコースティック音源集『萬の夜に鳴くしゃれこうべ(よろずのよになくしゃれこうべ)』である。独自の世界観の追求の中で、彼らはついにアコースティックという境地に達してしまった。ヴィジュアル系バンドとしては非常に珍しい方向性だと思ったが、先行公開された『イーカロス』のMVスポット映像を見て納得してしまった。
ラテンのリズムに合わせて刻まれるドラマティックなギターのカッティングに弓弾きのベースもフィーチャリングされるサウンドで、創りだされた生き急ぐかのような歌心は非常に興味深い。

■リード曲『イーカロス』PV(フルサイズ)

そしてそのアコースティック音源集『萬の夜に鳴くしゃれこうべ』の発売記念のスペシャルライブがあるというので、3/22の新宿RUIDO K4に見に行ってきた。前半はアコースティックで、後半はエレクトリックという二度おいしいお得な構成。初めて触れるLIPHLICHなので、この両面を見られるというのはうれしい。

IMG_5921_2

久我新悟(Vo)を中央に、ステージに向かって右・上手(かみて)にテクニカルな腕前を誇るギタリスト・新井崇之(あらい・たかゆき)、左の下手にストレートロングの長髪に目元が黒く塗られたベーシストの進藤渉(しんどう・わたる)が位置し、奥のドラムセットにパワフルかつタイトなリズムを叩き出す丸山英紀(まるやま・えいき)が構える。

S__18898999

そこで展開されたのは、MTVなどでお馴染みのアンプラグドの演奏。進藤はウッドベースも弾きこなし、周囲の音圧が少ない分だけ久我のヴォーカルが鮮やかに際立つところが魅力。ファルセット混じりのサビのリフレインが印象的な『飽聴のデリカテッセン』など、昭和歌謡からシャンソン、ラテンに至るあらゆる音楽要素を独自に消化した世界観が広がって飽きさせない。もちろんその飽きない原因の一つには手を変え品を変え繰り出されるサウンドのマジックもあるが、何と言っても楽曲の完成度の高さにあると感じた。

S__18899000

中でもロカビリー・ビートの『ヘンピッグ』、リリシズムみなぎる『My Name Was』などは彼らでなくては生み出せない楽曲ではないかと思った。

そして曲間に久我は思わず「いい曲ばかりだなぁ…」と自画自賛の言葉をもらしていたけれど、そうした自己評価の高さこそ、ここまで細部にまでこだわるパワーの源なのだろう。実に頼もしい。観客もその姿に対して、しっかり聞き耳を立てて世界観に浸っている印象を受けた。

S__18899001

後半のエレクトリック・パートでは彼らの演奏力の高さに圧倒される。同様の曲が少なく、実にスリリング。曲のそこかしこに仕掛けがあり、キメの多さも非常に多い。これは相当な演奏力とそれなりのリハーサルを繰り返さないと実現できないハイレベル。観客も激しいヘドバンで応えるシーンも多かった。

アコースティックの時とはうって変わって、新井のメタル魂を備えたディストーションギターが激しく襲いかかる。倍音みなぎるパワーコードの音色も、遊び心にあふれたテクニックを見せつけるソロ・ワークもタフであり華麗。

S__18899002

そこに進藤のベースがうねりを加え、パワフルではありながらきっちり止めるところは止める、丸山の卓越したドラムテクニックが加わると、LIPHLICHサウンドが体をなし、その上で久我はしなやかなステージングとともに、譜割の難しいメロディーと本来は歌に乗りにくい独自の言葉をギリギリのバランスで歌いこなしていく。
『マズロウマンション』などの派手な曲も、プログレッシブな美学さえ感じさせる『HURRAH HURRAY』も、手に汗握る展開に目を離せない。ラストは爆速の『MANIC PIXIE』で潔い最後を飾った。

S__18899004

観客は女性の姿が圧倒的に多かったけれど、LIPHLICHはバンドサウンドが好きな男子ももっと気にしておくべきだと思う。抜群のテクニックで息を合わせて作り出すその音楽は、まさに”良いバンド・ミュージック”のお手本のひとつ。メンバー間の音によるコミュニケーションぶりは、バンドマンを目指す人なら見習いたいところがたくさん見つかるはずである。

S__18899005

■セットリスト
1.夜間避行
2.イーカロス
3.飽聴のデリカテッセン
4.雨模様
5.夢見る星屑
6.マラカイト
7.ヘンピッグ
8.My Name Was
9.VESSEL
10.フェデリコ9
11.GREAT NONSENSE
12.マズロウマンション
13.Room612
14.愛は死なずに3度落ちる
15.ジョン&ジェーン・ドゥ
16.Pink Parade Picture
17.HURRAH HURRAY
18.MANIC PIXIE
■Acoustic音源集『萬の夜に鳴くしゃれこうべ(よろずのよになくしゃれこうべ)』
(MSLP-021 税別3000円)
MSLP-021_jacket
(収録曲)飽聴のデリカテッセン/淫火/My Name Was/雨模様/ヘンピッグ/浮世のはぐれ蝶/夜間避行/夢見る星屑/It’s a good day to anger/VESSEL/イーカロス/マラカイト

 

■『萬の夜に鳴くしゃれこうべ』収録曲試聴スポット

詳しくはLIPHLICH公式HP

★【世界につなげようV系のWA】にて、第1弾・悠希(人格ラヂオ)からのご指名で第2弾にLIPHLICH・久我新悟登場!

関連記事

配信中の楽譜を検索

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る