Gekkayoニュース

カステラをウエハースで挟む! どことなく反則気味な菓子パン「ウエハースパン」が危うく主食に!

奄美大島に来てから、なぜか菓子パンをよく食べるようになりました。
奄美名産の鶏飯(けいはん)でもなく、時計草(ドラえもんのひみつ道具みたいな呼び方だけどパッションフルーツのこと)でもなく、はたまたドラゴンフルーツでもなく…。

たぶん東京や神奈川で売られていない、地元のパン屋さんが非常に目を引くなんとも昭和風味の菓子パンを製造しているせいだと思います。
この魅力に逆らえなかったんです。

とにかく感動したのは「ウエハースパン」。片面はピンク、もう片面は黄色という色鮮やかなウエハースに挟まれたのは、弾力性のある厚めのカステラ。
あ、ウエハースとカステラの断層には薄くクリームもペーストIN。何となくカステラをウエハースで挟むという炭水化物on炭水化物という芸風に衝撃を受けました。
それって反則じゃない? って。でも食べてみると何ともおいしいんですよ!

IMG_5342

これは「ニューススム」という奄美大島のパン屋さんのウエハースぱん(写真下2個)。日本語ギリギリの心にくいキャッチ(紹介文)もたまりません(笑)。
それから、同じタイプのウエハースパン系列で、ネーミングや特徴が少し違うのが鹿児島にある「イケダパン」のハウスサンド(写真上)。
こちらは、カステラにそこまで弾力や厚み・ボリュームはなく、断層のクリームの位置も違う。

ウエハースの色も両面ピンク。しかも「ニューススム」のビビッドなカラーに対し、少し控え目な風合いになってます(笑)。
ウエハースパンにハマってしまった私たち。全国的に展開してるの!?と調べてみると、ヤマザキさんなどもやっていて、昔懐かしいという形容詞も見受けられました。
あ、奄美名産ではなかったんですね…、へえ、なるほど。全然知らなかった。というより目に入っていたけどスルーしてたんでしょうね、たぶん。

まるでモナカのような柔らかめのウエハースごと口に入れて、クリームの塗られたカステラごと引きちぎるようにして食べると……、妙においしい。
想像をはるかにこえるケミストリーがそこに…!

みなさんの街にもウエハースパンはありますか?
できることならいろんな会社のウエハースパン食べてみたい!
でも少し前までまるで主食のように1日1ウエハースパンしていた我々ですが、食べ過ぎには気をつけようと思います…(体重的に)。

ちなみに地元のとある人曰く、ニューススムのパンは水分持ってかれ系のパンだそうです(笑)。

また、「イケダパン」ファンは多いようです。
我々はどちらもよくお世話になっていますが、「ニューススム」の比率が多いかな?
マーガリンパンとバターパンが別にあってバターパンは甘いけど、マーガリンパンは甘くなくて、バターパンの成分表示にマーガリンって書いてあるとか、なかなかの独自ルール。
ぶっちゃけとっても楽しいです。

奄美の街は、台風の警報が出るとスーパーなどの店頭から一気にパンが消えます。
あと牛乳。ふだん牛乳を飲まないおばあちゃんも「台風だしねっ」と勢いで買い込んでしまうそうで、どこのお店でもパンコーナーと牛乳コーナーは見事に空っぽになって壮観。
何でパン? ご飯じゃダメなの? カップラーメンとかもあるし。

しかし小さな商店でも必須のように菓子パンが充実している名瀬のまち。パン屋さんも多いし。どうやらここはパンが主食の街なのかも。謎は深まるばかり…。

IMG_4980

関係ないけど、名瀬のまちにはどこにでもとりあえず猫がいます。 そんな猫もときどきパンを食べてたりします。

副編集長(妻)

投稿者の記事一覧

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。元・音楽雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」副編集長。「価格.comマガジン」、「週刊女性PRIME」などでは、写真撮影も担当。

関連記事

  1. 音楽専門学校生でもビートルズ認知率は1割という現実は本当に衝撃か…
  2. ヴィジュアル系でエアロビクス!? 摩訶不思議な新文化を生み出した…
  3. 謎のハイ・ヴィジュアル系・セヴァの新PVは何と時代劇ワールド!?…
  4. 永遠に
  5. あの『PERFECT HUMAN』がようやっとCD化!
  6. セヴァ「FALLEN」にも参加した日本人白塗りアーティスト・mi…
  7. 音楽雑誌編集長を20年以上やってわかった「今さら聞けない音楽の効…
  8. 新年のご挨拶〜ゲッカヨ編集室は首都圏に舞い戻りました!
PAGE TOP