つらつら

千葉県

特産品一覧。
昨日幕張メッセ行った帰りに立ち寄った特産物SHOP。
ちなみに私は千葉県育ち。千葉県は船橋市です。
たしかに、商店街近い路上なんかで、行商のおばあちゃんが野菜やらを売っていました。
たしかに、いろんなピーナッツ売ってる専門店がありました。
お土産に、殻無し皮付き塩あじの八街産ピーナッツと、無糖ピーナッツバターなどをゲトりました。
などと書いたのは、かっちょ悪いものを買ったので、ぼやかしておきたかったからです ???? ?????????????? ?? ?
でも公表しちゃう。
銚子ちぢみのポケットティッシュ入れ。
藍色の生地に金文字で、銚子ちぢみ って書かれてあった(たぶん)

ポケットティッシュ入れなんて、ダサくない?

でもさ実際、バッグに入れて持ち歩いてると、紙がクシャッとして片寄っちゃうんだ
むかーし雑貨屋で買った、ピンクのゴム製メッシュのが気に入ってて愛用していたんだけど、そういうのを探してる。
布製じゃなくて、蛍光色で軽いのを。
いやまぁでも、藍染めちぢみ生地に金文字までいっちゃうと、それはそれである意味かっこいいとも思ってるんだ。
さいきんは価値観が変わってきて、カッコつけてるものがことごとくニガテになってきているw
年齢的は落ちついて、上質のものを少しだけ嗜む方向にきてるのかもしれないけれど。
まぁ、身の丈にあった、居心地のいいものに囲まれて接して楽しく過ごすのが心地いい。
さいきんは背のびして大人に憧れる風潮はほとんどなくなったけれど、どっちもどっちかなと思う。
それは、昔はマスコミやなんかにおどらされ過ぎてた感があるし、
今は今で昔なら隠されていたことが、ネットの普及で露わになってしまった。
音楽だって、技術プラス機械に詳しい人ならある程度まで自分で作れちゃうことが分かってしまった時代です。
とりまく環境が変わったら、なにか違うと思ったら、やり方は変えていくのは自然なこと。
本屋が年々減っていく現状で、印刷物が廃れていくのも自然な姿。
時代に合ったやり方で、個人の良さを活かせるゲッカヨを探しています。
つらつら。

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る