天ぷら粉、改め、昭和

おっと!本日二度目の更新!
今日行った店。

photo:01
東京・代々木にある、代々木ミルクホール。
http://www.dreamlink.co.jp/milkhall/index.html
さっきTwitterで(つづく)って書いてこの写真だけ投稿したんだけど。
やっぱり長くなりそうなので、blogに書くことにしました!
ラジオ…とか、ミルクホールと言うので、私はまた、
菅原都々子や藤山一郎あたりの音楽が流れてるのかな?と思って
通りがかりでふらっと入ったんだけど、そしたら…
ざんっっ!
バックに写ってるのは、田原俊彦、近藤真彦、松田聖子etc.の
レコード(EP)ジャケット写真レコード
まさに、私の青春時代でした

photo:02
そして、このメニューをぜひ「寄り」で見て欲しい!!!
pcかスマホで見るのを推奨!
通常の居酒屋メニューや、よくある給食メニューのみならず!
ベビースターラーメンから永谷園のお茶漬けから駄菓子からボンカレーやらなにやらもう多彩!!!
ちなみに、お通しにポテチとうまい棒が出たよW
しかし、サバの水煮缶詰とか、コンビーフとか、
他にも、虫関係まで…



そして、私とボスの座ったカウンター前。

photo:03
マッチとキョン×2に見つめられながら、大音量で流れていたBGM…
桜田淳子、榊原郁恵、チェッカーズ、シブがき隊
一人当たり3曲ずつ流れてたので、残り一曲になると、ボスと
じゃあ次は『涙のリクエスト』かなぁ?とか言いながら聴いてたW
でも、お客さんは結構若い人もいた。うちらと同世代の集団は、
もう一緒に歌ってた大声でみんなで!
この後、この流れでカラオケとか行って、また歌っちゃうのかな?的な? w
店員さんも、若かめだったよ。店内には、やかんやら電気スタンドまですべて
昭和時代にふつーに使ってたもの全てがレトロなオブジェになっててワロタwww
せっかくなので、帰りに見送ってくれた「ピーターさん」に、
「私たち、元々は「月刊歌謡曲」っていう創刊号が石野真子さんだった歌本を
作ってるんですよー」と言って自己紹介してきちゃいましたw
ピンと来てはいなかったようでしたが、石野真子にピントきた様子で
「よく店内見られてるなーとは思ってたんですよ」と^^
でも他にもチェーン店あるのか訪ねると、日本では福岡と仙台と千葉の船橋とココの4店舗のみ、とのこと。
でも、懐古主義ではない、とは決して否定できない私だけど…
でもやっぱり嫌いじゃないんだよなあ昭和のかおりが。
人間、思春期に一番聴いてた音楽だったり、その他カルチャーが
その人に大きな影響を与えるっていうけど、やっぱりそういうものなのかなぁ。
一瞬なら、昔に戻ってみたいなぁと思うときはある。江戸時代とかにもw
でも、決して昔に戻って生きたいとは思ってはいない。今がやっぱりいいと思ってる。
ただ…、当時と今の音楽って何が違うのかなーとかは考えるよね。職業柄というか、単純に好きだからというのもあるけど。
そしてこういう酒場はいずれ、ボカロ酒場もできるのかもしれないよなー
なんて思ったりして…w
 

そうそう!明日は若手編集部員が横浜アリーナへLIVE取材してくるよ!
では(´∀`)

ベランダからの投稿

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る