GACKTががくっぽいどを歌ってみた

本日、5/22(日)に「ニコニコ動画」の祭典・「ニコニコ大会議」が
史上初の海外公演を開催!
題して、「ニコニコ大会議2011 in 台湾 -感謝・感激・感動・台湾-」。
その中でのトピックスが編集部に届いたのでお知らせするね!
7月13日にリリースされるGACKTの39枚目のシングルが、なんと・・・
「がくっぽいどコンテスト」にて、GACKT 自身が厳選したボーカロイド楽曲
2作品を自身が歌う、という形式になると発表。
事のいきさつは・・・
GACKT が2009年6月10日に「ニコニコ生放送」に出演した際、番組内で急遽
「がくっぽいど」を使用した作品をユーザーから募集し
GACKT がこの作品を聴く、という展開で開催した「がくっぽいどコンテスト」。
このコンテストの結果は、2009年12月15日の「ニコニコ生放送」で発表され、
GACKT 自身が厳選した優秀作品10候補の中から
ニコニコ動画ユーザーの「かにみそP」が投稿した作品『「神威がくぽ がオリ
ジナル曲『 Episode.0 』を唄う」の巻』がグランプリに輝いた。
その番組内でGACKTは、グランプリ 及び 優秀作品に対し、バーチャルボーカルではなく、
自身の生声で歌うレコーディング作業を実施し、楽曲制作に取り掛かることを約束。
それが、次のGACKTの39thシングル「Episode.0」。
収録曲は、グランプリに輝いた『Episode.0』(作詞・作曲:mathru@かにみそP)と、
優秀作品の『Paranoid Doll』(作詞・作曲:natsu (SCL Project))にアレンジを加え
レコーディングしたGACKT自身による「歌ってみた」楽曲。
 なお、携帯サイト「dwango.jp(うた)」では、「Episode.0」収録楽曲の
『Episode.0』、『Paranoid Doll』の着うた(R)・着うたフル(R)の配信を
予定している。
バーチャルボーカリスト「がくっぽいど」とは・・・
「株式会社インターネット」から発売されている、GACKT のボーカル音源作成ソフト。
ちなみに、このインターネットの村上社長さんのインタビューを
いま発売の「Gekkayo ボーカロイドfan」に掲載しています!
↓コレ
$ゲッカヨ編集部ろぐ-110224_1555~010001.jpg
村上社長さんとは、イベントで一緒に飲ませていただいたり、Twitterにもいらっしゃいますし、
読者プレゼントをいただいたり、情報をいただいたりと…ゲッカヨもお世話になっています。
社長といっても、ゲッカヨの社長(=ボス)もそうなんですが、実務をがっつりやっているんですよね。
なんと、自らボーカロイドソフトのデータベースを開発する職人さんで
実際にGACKTさんとやりとりしながら制作していってるんですよー。
では最後に、次号のゲッカヨの宣伝をば。←「ば」ってなんだw w w
$ゲッカヨ編集部ろぐ-0524_hyo1
奥 華子さん表紙の7月号は、5/24(火)発売です!!
1ポイントアドバイス:今日のブログに書いたことを知っておくと、次号のとあるページで
役に立つよ!

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る