ノシ

(携帯→PCで一部編集しました)
ゲッカヨ編集部員はみんな無事なので
安心してくださいねノシ
入稿真っ只中の編集部ですが
さすがに休み休みやっています…。
だってこんな状況でも無視して仕事してたら…
なんだか不謹慎じゃない?
日本が沈没しかけてるってときに
娯楽誌作ってんじゃないよ←って
でも逆に、こんなときだからこそお笑いや音楽が欲しい。いとおしくてたまらない…!!
という気にもなってくるんだけど
ゲッカヨに関しては、発売日遅れたって仕方ないでしょ?
むしろ、そうしたいよ…。
だって日本が最大の危機に陥ってる状況で
自分とこの娯楽誌の心配してる場合じゃないでしょ。
そりゃもちろん命を懸けて作ってる雑誌だけど
正直いま、原稿書いたりチェック出ししたりするモードになれない……。
アーティストの皆さんも仕事で、撮影・録音スタジオにいらっしゃるみたいだけど
録音スタジオ内で大地震がまた来たりしたら
防音だからね… 歪んで外に出られなくなるよ…!
今の状況、生きてなんぼのもんでしょう!
ゲッカヨもたくさん流されただろう読者も亡くなっていることだろう…(お悔やみ申し上げます)
とも思うけれども…
ゲッカヨクラスタとか、知ってる人クラスタ範囲で心配している次元じゃない。
天災…自然の力って驚異。
でも今回痛感したことは、Twitterをやっていて本当によかったということ。
アメブロで書くのもなんだけど。でも最近はみんな両方使ってる人も多いし。
Twitterと言っても、携帯でやってたらあんまり意味はないんだけど。
携帯だとauとかすぐ落ちちゃうし、一覧で見られないからTwitterの醍醐味が分からないからもったいな過ぎるんだ。
iPhoneやPCアプリ使ってると、フォローしている人たちのTLがどんどん流れて来るからね。
ミュージシャンや有名人のみなさんは、避難場所告知したりして
立場を活かしている方も多く見受けられた。
逆に、情報ソースも不確かなままリツイートして、悪意は勿論ないけど
嘘の情報を広めるケースや
停電など非常事態を悪用した犯罪もあるみたいなので、十分気を付けましょう。
それにしても独り部屋でNEWSみてると、不安で押し潰されそうになるよね…。
避難所生活をしている方もいらっしゃるでしょう…。
電気がストップするということは、充電もできないんだよね…。これは不安。
Twitterはひとりじゃないことが分かって、少しはいいハズです。
あと、全国各地から、またフォローしていなくてもリツイートによって
世界規模から情報を早く沢山キャッチできる。
被害者からのリアルなツイートが拡散されていったり。
外国人は通訳して拡散し手助けしていた。
津波情報だってみんなTwitterしてたら逃げられたかもしれない…。
まだまだ余震もあり、不安な状況が続いていますが
できるだけ冷静でいましょう。判断を誤らないためにも。
また、無理して外出しないように!
…原稿書きとかチェックだしとか、正直そういうモードになれないこの状況に
混乱している(編)でした…。

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る