下北にて。

肌寒くなってきたなぁ…。半外の喫茶店なう。
街路樹の銀杏並木も、8割方黄色に色づいている東京です。
日中は暖かくて、絶好の散歩日和でした。
でも雪が降っている地域もあるのかな?
今日は、何がなんでも明るいうちに散歩をしたいと、昨夜のうちから決めて、昼間から外出した。←言っても、朝ではない
昨日は夕方まで寝ていたし、最近ずっとバタバタしていて、のんびりできてないなぁ…したいなぁ、とおもっていたのでかたつむり
で、まぁ私は煙草は吸わないんだけど←代わりに酒担当w
夫でボスは吸う。でも最近はどこに行っても、喫煙者の肩身が狭くて、なんだかかわいそうになる。
喫煙者で甘味も好きな人だっているのに…。
禁煙運動が過度過ぎて、憤りさえ感じる。
例えば、昔の映画…ハンフリー・ボガードやジェームス・ディーンの、象徴的な喫煙シーンをCGで消して上映するだとか、
サザエさんでも喫煙シーンをカットするだとか
…悪役以外は原作を変えてまで喫煙を悪とする風潮は、どうなの…?
煙草絡みじゃないけど、原作を変えてまでと言えば…以前、石原裕次郎の有名な映画のワンシーンを舘ひろしがCMで演じた際、
や○ざなドラマー→やんちゃなドラマー
に、歌詞を変えられて放送されていたこともあったよね。←意味がまるで変わってるむかっ
てか…、気にするところがおかしくなってないか?
死人に口なしと言って済む話だろうか?原作者の意思を無視する権利があるのか?
私は反対だ。
そうやって最近は、右向け右的な風潮がなんだかとても怖い。規制するまでするか?と思ってしまう。だって…世知辛過ぎやしない?
煙草でも吸わなきゃやってられない仕事だってあるだろうし…。禁止するほどのことだろうかと思う。それより、余裕のなさに、息がつまる…。
喫煙に限らず、歌舞伎町問題その他諸々、大抵こうした規律は、他のところにゆがみがくることになっている。
ジャーナリズムを統制しようとする風潮が、音楽業界では当たり前になっているこの現状も、本来あってはならないことだと思う。
だからゲッカヨは、できるだけもがいていこうと思っている。
さて…、明日は取材ですビックリマーク
前回は来てくれたので、今度はこっちから行くぜーっ爆弾
iPhoneからの投稿

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る