バッタ

ども!バッタでかバッタ バタの、編集部です…。

その理由は・・・

もう少ししたら分かるのか?いや、分からないのか?

(どっち??汗

…そんな状況のゲッカヨ編集部です。

最近は、取材系が多いです。

えへへプロジェクトの二人とも打ち合わせをしましたし。

↓ (この方たち)

ゲッカヨ編集部ろぐ

(写真が横になっちゃってたら、首を横にするなり、

携帯を横にして…見てください比呂

この時の打ち合わせが、どう活きてくるのかは

お楽しみにビックリマーク

そして今日は、歌い手さんのインタビューもしましたよマイク

ヒントは…

先日のニコニコ大会議にも出ていましたよっ。

そうそう…、土曜日に観に行った、SuG(サグ)のライブの感想を

もちょっと書きたいと思ってたんだ。

ヴィジュアル系ロックバンドなんだけど、実際にライブに行くと…

V系がこんなに自由にやっちゃっていいのかー!?

エンターテインメント性がすごくてビックリした…。

最初のうちは、カワイイハートと思って観ていたんだけど、

だんだん引き込まれるように、身を乗り出して観てしまっていた。

コイツら何ものなんだ!? SuGってスゲェ!!

と、何度も心の中でリアルに感嘆していた。

まぁ、フツーに演奏してると、ヴィジュアル系なんだけどね。

なのに……笑わせたり、ほろりと感動させたりするための

パフォーマンスや、臨む熱量たるや……

ヴィジュアル系の枠を超えている。

というかむしろ私は、こんな素敵なバンドが

ヴィジュアル系にいたとは…。と思った。

これ以上の詳細は、誌面でレポートするので、またその時に。

なんて言いながら、思い出したように突然書き込みたくなるかもしれないけど。

あぁそうだ。昨日はたくさんのメッセージや書き込みを

ありがとうございます!

私もツイッターだのブログだのミクシーだのを書いてるけれど、

仕事なんだけど、実は好きでやってることだったりもする。

ま、(編)はアーティストでもなく、中の人なので、お気軽に

絡んでやってもらえるとすっごい嬉しいですあーとー

ほんじゃパー

お腹がすいたな~

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る