今日一日

夕方に、某ミュージシャンのインタビュー取材でした。
夜は、kannivalismのライブ@渋谷O-WEST を観に行きました。
私はこれまで、何度かインタビュー取材をやらせてもらったり、
LIVEを観てりしてきましたが。
ホントに良いミュージシャンだな、と
思います。
私にとって、良いミュージシャンって
何か?
うーん…
やっぱり
愛情をたくさん持ってる人なのかな?
とも思う。
技術は大事だけれど
それだけじゃ感動はできないから。
情熱や愛情、愛憎、 反骨精神、使命…
そんな、心に秘めたメラメラしたやつを
しっかり抱いている人間が魅力的なミュージシャンなんじゃないかと
私は思っています。
…て、今夜のカニヴァも然り。
楽しかった!という表現だけでは
決して片付けられない
なんていうか…ひりひりした感じがたまらない。
生きること、愛情への苦難や渇望が
痛い程にビシビシ伝わって来る感じ。
一見すると、リズムが跳ねてるし、
歌詞も…可愛らしい単語や、やさしい言葉が多いんだけど、
それだけではない事を伝えたいし、
また、彼らの前身バンドも影響したり、
事務所がそっち系なので、V系はちょっと…
と敬遠してる人もいるだろうけど、
それはあまりにももったいないことです!
まだ若いけど、全員キャリアを積んでるので、実力派です。
歌心もあります。
最新号では1ページでLIVEレポートも
してますが
本当に素敵なミュージシャンなので、
先入観抜きに、彼らの音楽に向き合う機会をもって欲しいな、と思います。
p.s.サッカー観ましたが。
PK戦は避けたかったな…。
p.s.2 今発売のゲッカヨ最新号は、ブティック社販売部を含み、通販系はすべて品切れの模様。
でも、本屋さんにはまだあるようです!!
明日は、編集長と共に、JASRACに行って色々相談してきます。
それではやや欠け月
iPhoneからの投稿

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る