こんにちは

昨夜はツイッターで夜更かし(あはあせる)
編集長と二人して
歌謡曲マニアに捕まって(笑)
ついつい歌謡曲談義に花が咲いてしまいましたビックリマーク
若い世代の歌謡曲のイメージは多分…
CDショップで
演歌・歌謡曲
というくくられ方のイメージ?
でも、昔の流行り歌=歌謡曲
という時代がありました。
はじまりは、藤山一郎や淡谷のり子などから
郷ひろみ、岩崎宏美、ピンクレディ、松田聖子、田原俊彦
ETC.…
歌番組では伝説のチャート番組
ザ・ベストテン

夜のヒットスタジオ
やら
たくさんのラジオ番組など…
歌謡曲全盛期は、それはそれはたくさんのチャート番組があり
街のアチコチで流行り曲が流れていました。
今よりももっと、ミュージシャンが歌唱する場面も多かった。
だから老若男女みんなが知っている歌手が多かった
…そんな時代がありました。
でもそこから
ニューミュージック
と呼ばれる音楽も現れた
歌謡曲と分けたがる風潮も現れました。
私はどちらも大好きですけどね。
話は長くなるのでまた…ビックリマーク

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

配信中の楽譜を検索

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る