ここだけの話

私もかつて読者だった、FUSION誌「ADLIB」の休刊や

最近ツイッターで噂が流れている某有名情報誌の廃刊の噂、など…

ここ最近、雑誌業界では不安なニュースが絶えません。

広告収入の激減や、ネット主流が主な理由です。

ウチも、隔月化という、かろうじて首が繋がったような状況です。

やれることはやって、それでもダメならあきらめがつきますが

まだあきらめつきません。

なので、楽譜というコンテンツをいかにして活かそうか

いろいろ考えて動いているんですよー。

もう少し形になって、先が見えてきたら、

その時は発表しますね。

まぁ…マジな話しちゃうと

広告収入が見込めないから続けられない、というのは

ゲッカヨに至っては、もうはなっからほぼ広告入ってないからね汗

(それはそれでどうかと思うが)

ただ、広告入れてもらうのは有り難いけど、そのせいで

言いたいことを言えない、というデメリットが生じるのも確かなんです。

TV番組みてると分かるよね。

じゃあゲッカヨはかんけー無いじゃん!

というそこのアナタ!

…確かにィ~そうなんです。

インタビュー原稿は基本チェック有りだからね。(もうみんなも知ってると思うけど)

本来は雑誌媒体によって、ネタが変わってこなきゃおかしいんだけど。

バッサリ削除されることも多いのは確か。

何も、スキャンダル誌じゃないんだから、

言ってないことは書かないんだけどね。

念のため、当たり障りないようにしたがるんだよね。

だから結果的に、同時期にどの雑誌をみても

同じようなことしか書かれてない、ってこと多いでしょ?

実はそれも、音楽誌が低迷してる原因のひとつとも言われています…。

でも読者の立場からしたら、それって面白くないよね。

でもそれって、書いてる側としても、ちっとも面白くないんだよ。

ましてや、ウチはグラビア誌じゃないから、

イケメンどぉよ!しかも裸だゾ。どーだ!

…っていう写真勝負誌でもないしね。

まぁ…とにかく、やりたいことやってダメならあきらめつくけど、

不完全燃焼して、その結果、本がなくなっちゃったら成仏できないからね。

とにかく、面白い本をつくるよ。

自分も読んでて面白いと思えるものをさ。

じゃなきゃ、なんのためにこの仕事やってるのかわからないからね。

誰にやらされてる仕事でもなし。

そのために戦ってるわけだし。いや、マジに。

あ、でも、だからと言って、坂詰美紗子さんの連載文を

まちがっちゃ、絶対にダメなんだ!!!!もう最低だよ…。

だから同じ過ちは二度としない。

そのための打ち合わせするし、

ミスに関しては何言われても仕方ない。

今日は色々あって、お酒の力も借りて、色々書いちゃったけど

こんな今のリアルゲッカヨを、最初から最後まで

ぜーんぶ読んでもらえたらホントうれしい。

ということで明日24日発売で~す!!

(一部の地域はもうちょっと待っててね…ゴメン

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る