さいアリ

今日、さいたまスーパーアリーナでホイットニー・ヒューストンのライブを観てきましたよ。
いろんなサイトでいろんなことを書かれてますが、

昔とまったく変わっていなかった、と書いてある記事は偽りです。
やはり、昔の歌はキツそうでした。

でも、真剣に立ち向かう姿がみれたのはうれしかった。

ただ、最新アルバムからの歌唱を中心にすれば良かったろうに…。

でも諸事情で、そうもいかなかったのかもしれませんが真相は分かりません。

音楽業界に戻って来られただけでもスゴイ事だとも思うし。

私にとって、昔のホイットニーは神でした。

神々しいまでのエモーショナルな歌声を聴くだけで、涙が溢れます。

カラオケで歌うのにも、よく泣けて歌えなくなることがあります。

でも、ビリー・ホリデーしかり…、歌には人生が出ます。

その人の生き方がそのまま歌声になります。

特に年輪を重ねると…若い頃には出せなかった感情を表現することができたりするから

奥が深い…。でもだからこそ歌は面白いと思うのです。

何をもって歌が上手いというのか、何がそんなに感動させるのか?

一言じゃ到底あらわせないですが。

次号でレポートも!

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る