LIVE

いやーライブって、ほんっとにいいもんですね(水野晴郎ちっくに言ってみました)。

いや、マジで。

昨日はkannivalismの復活ライブに、今日はメガマソのメジャー初ツアーファイナルに行ってきたんですが。

kannivalismは、怜クンの自伝本のせいか、男性ファンが増えていた。

音楽がなきゃやってけない…そんな気迫が、歌詞や演奏から…ひしひしと伝わってくるライブでした。

怜クンの書く歌詞は素直で独特。彼らから生まれる跳ねるリズムも独特。

音楽は彼らにとって、最高の娯楽であり、また人生そのものなんだと思う。

だから、彼らの音楽は、愛おしいんだろうな。うっ・・

そしてメガマソ。ライブは初め観ました。CDで聴く以上に、Vo・インザーギの歌唱はすごかった!

あんなふうに歌えたら、気持ちいいだろうな。しかも、盛り上げ上手でエンターテイナー!

ツッコミ上手で感心してしまった(笑)。ダンスもするしne。

でもなんと言っても、あそこまで歌えるヴィジュアル系は珍しいんじゃないでしょうか。

聴いてて気持ちがいい!スタミナ十分だし…すごい。

男性客もけっこう多かったよ。でも、一見さんお断り的な雰囲気がないから、入りやすいかも。

彼らの音楽に未だ出逢ってない人には、知ってもらいたいな。

V系ファンじゃないと、知る機会がなかなかないかもしれないから。だから今回、ゲッカヨでインタビューしました。

涼平さんは美しいだけでなく、笑顔を絶やさない。と言うか、自然にこぼれてしまうのでしょう…

愛が溢れてましたハート

観客の反応をしっかり見ながら、ステージを動き回ったり、煽ったり、メンバーと絡んだりしてました。

確かに中毒性あるね、メガマソの音楽って。

Gouクンはまたいいキャラナイスグッドで!インザーギに上手いこといじられて、美味し過ぎ(笑)。

トキヨは本日、Mr.Childrenのライブでした。私も行く予定でしたが、取材したメガマソのライブを

どうしても観たくて。でも観て良かった!

今日は、JACK IN THE BOX 2009もあったし。ライブ多いね!みんなは誰を観てきたのかな?

長くなっちゃったけど、今日紹介したライブは、次号でレポートします。

でも、誌面で載せるレポってチェックがあるし。それに、あんまり私的感情を入れ過ぎちゃうと

(ファン以外の読者は特に)読んでて引くものだから、、、「現場レポート」を書くことになる。

だからココでは、ちょっと違う視点で書かせてもらいました。

問題のない程度にねウィンク

そいじゃ!明日は表紙の人インタビュー。みんなが大好きな彼らの今の心境を、バッチシ聞いてくるからね!

今回はゲッカヨとしては特別な表紙の人インタビューになる予定だよsei

さてさて、ご飯も炊けたようなので、お刺身定食と参りましょうか!ゴハンまだ?

一人言:さんまのまんまのゲストに大好きな柳沢慎吾ちゃんが出ててラッキー!

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

配信中の楽譜を検索

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る