成田にて

いま発売中の雑誌「ROCK IN´G ON JAPAN」の小出クン(Base Ball Bear)のロングインタビューに
かつて「月刊歌謡曲」でコードを覚えた
、って載ってるんですよ
と、EMIのゲッカヨ宣伝担当者が教えてくれたので
今日成田の本屋で見てみたら…ホントだ!コードしか載ってない本で…と(爆)!
ゲッカヨはコードしか載ってないワケじゃないんだけど(^_^;)
おそらくは、巻末のコード表とコード譜を使ってくれたのだろう。
うれしいです!BBBは私もトキヨも好物なので。
なんかミョーにテンション上がるし、胸がきゅんきゅんする。この歳でも(笑)。
彼らのLIVEレポートはしてますが、インタビューは未だ実現できていないんですよね…
ファンのみなさんスミマセンm(_ _)m
何度も申し入れはしてるんですが、彼らは人気者で多忙なので、なかなか…。
そうそう今月号にAcid Black Cherryのインタビューを掲載してますが、こぼれ話を。
取材日は、皆既日食当日でした。
で、アルバムにちょうど関連する楽曲が収録されてたじゃないですか!
でもyasuさん、テレビ観れなかったようだったので、様子を説明したら、興味深そうにしてましたよ(⌒~⌒)
成田のお水は冷たくていいなぁ…
明日は、お団子食べなきゃなo(^-^)o
さっきは銚子電鉄のぬれせんべいをたべながら、村上たかし先生の漫画「見守る犬」を読んで泣きまくりました。
村上センセのマジなストーリー漫画ってどうなんだろう、と思っていたけれど
素晴らしかった。読んでで泣けるし、余韻でまた泣けました。
やっぱり大好きな俳優、アダム・サンドラーをはじめ、コメディやギャグ漫画系の人が表現するマジものは
ハンパなく泣ける素晴らしい作品が多い。
やはり笑いと泣きは繋がっているんだなあ。

この記事の著者

副編集長(妻)

めおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」代表。楽譜雑誌「ゲッカヨ(旧・月刊歌謡曲)」の副編集長をつとめていました。

この著者の最新の記事

関連記事

つぶやきNoW!!

ページ上部へ戻る